【延期(開催日未定)】3/5 医療デジタルトランスフォーメーション協議会(MDXA) 第一回公開シンポジウム〜基調講演に厚労省医務技監 鈴木氏、UCLA医学部 津川氏が登壇〜

Description

本イベントは、コロナウイルスの影響を鑑み、延期(開催日未定)と致しました。有料チケットをご購入の方には払い戻しを致します。(別途ご連絡が届きますのでご対応ください)

◆医療デジタルトランスフォーメーション協議会(MDXA)とは

様々な分野の産業界やアカデミア、医療関連団体、行政機関等のハブとなり、急激な社会変化が進む中でも質の高い医療・介護の提供を持続可能に行うことを目標として、医療・介護領域におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の社会実装を見据えた議論を行い、提言を行っていく団体です。現時点では任意団体ですが、今後活動を継続的なものとするべく、準備を進めております。

◆プログラム概要

  • 開会の挨拶
    • 豊田剛一郎氏(東北大学特任教授(客員)/株式会社メドレー代表取締役医師)
  • 基調講演1:鈴木康裕氏(厚生労働省 医務技監)
  • 基調講演2:津川友介氏(UCLA医学部・医療政策学部 助教授、日本医療政策機構理事)
  • パネルディスカッション「日本の医療においてデジタルトランスフォーメーションをどのように進めるべきか」
    • 登壇者
      • 鈴木康裕氏
      • 津川友介氏
      • 豊田剛一郎氏
      • 藤田卓仙氏(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室 特任講師)
    • モデレーター
      • 乗竹亮治氏(日本医療政策機構 理事・事務局長/CEO)
  • 閉会の挨拶
    • 落合孝文氏(弁護士、渥美坂井法律事務所・外国法共同事業パートナー)
  • 懇親会(~22時まで)
※円滑な会の進行のため、登壇者への名刺交換やご挨拶はプログラム終了後、懇親会で行うようお願い致します。

◆講師紹介

    • 鈴木康裕氏/厚生労働省 医務技監 

      昭和59年慶応大学医学部卒。同年厚生省入省。平成10年世界保健機関派遣、平成17年医政局研究開発振興課長、平成21年厚生労働省新型インフルエンザ対策推進本部事務局次長、平成22年保険局医療課長、平成24年防衛省衛生監、平成26年厚生労働省大臣官房技術総括審議官、平成27年(併)グローバルヘルス戦略官、平成28年6月厚生労働省保険局長、平成29年7月より現職。
    • 津川友介氏/UCLA医学部・医療政策学部 助教授、日本医療政策機構理事 

      聖路加国際病院、世界銀行、ハーバード公衆衛生大学院での勤務を経て、2017年より現職。JAMA Intern Med、BMJ等に原著論文を複数掲載。著書に週刊ダイヤモンドベスト経済学書第1位の「原因と結果の経済学」(ダイヤモンド社、中室牧子氏と共著)。専門は医療政策学、医療経済学。
    • 藤田卓仙氏/慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室 特任講師

      2006年東京大学医学部卒業。 2011年東京大学大学院法学政治学研究科修了。 現在、 世界経済フォーラム第四次産業革命日本センタープロジェクト長、慶應義塾大学特任講師ほか。 医師、法務博士(専門職)。 主著に『薬価の経済学』(共著・日本経済新聞出版社)
    • 豊田剛一郎氏/東北大学特任教授(客員)、株式会社メドレー代表取締役医師

      東京大学医学部卒業後、脳神経外科医として勤務。日米での医師経験を通じて、日本の医療の将来に対する危機感を強く感じ、医療を変革するために臨床現場を離れることを決意。マッキンゼー・アンド・カンパニーにて主にヘルスケア業界の戦略コンサルティングに従事後、2015年2月より株式会社メドレーの代表取締役医師に就任。
    • 乗竹亮治氏/日本医療政策機構 理事・事務局長/CEO

      慶應義塾大学総合政策学部卒業、オランダ・アムステルダム大学医療人類学修士。国際 NGO にて、医療人類学の視点から、アジア太平洋地域を主として、途上国や被災地での防災型医 療施設の建設や、途上国政府、民間企業、国際 NGO、軍隊などが共同参画する医療アセスメ ント事業などを実施。各国でのフィールドワークを通じて、エンジニアリングやデザインを はじめとした異なる専門領域のステークホルダーを結集し、医療健康課題に対処するプロ ジェクトに従事。東京都「超高齢社会における東京のあり方懇談会」委員(2018)。政策研 究大学院大学客員研究員。オーストリア ザルツブルグ・グローバルセミナー アドバイザリ ーカウンシルメンバー。エルゼビア・アトラス アドバイザリーボードメンバー。
    • 落合孝文氏/弁護士、渥美坂井法律事務所・外国法共同事業パートナー

      慶應義塾大学理工学部数理科学科卒業後、同大学院理工学研究科在学中に旧司法試験合格。森・濱田松本法律事務所の東京、北京オフィスでの約9年の勤務を経て、現法律事務所に参画し情報技術を用いた新規産業創出に関わる法律業務を提供している一方で、新技術の活用を見据えた政策形成についても活動を行っている。一般社団法人Fintech協会理事、一般社団法人JCoMaaS理事等で業界団体の運営に携わる一方、内閣府「革新的事業評価委員会」委員を務め、厚生労働省「オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」委員、経済産業省・公正取引員会・総務省「デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会 データの移転・開放等の在り方に関するワーキング・グループ」委員なども務めた。

◆医療デジタルトランスフォーメーション協議会設立賛同者

跡見裕氏(杏林大学 名誉学長)
安藤伸樹氏(全国健康保険協会 理事長)
石川広己氏(日本医師会 常任理事)
伊藤伸昭氏(ICI株式会社)
植木貴之氏(東京大学未来ビジョン研究センター)
大江和彦氏(東京大学 医療情報学分野教授/日本医療情報学会 前理事長)
落合孝文氏(弁護士/渥美坂井法律事務所・外国法共同事業パートナー)
近藤達也氏(一般社団法人 Medical Excellence JAPAN 理事長)
堺常雄氏(株式会社日本病院共済会 代表取締役/一般社団法人 日本病院会 名誉会長)
髙熊万之氏(元経済産業省 ヘルスケア産業課/田辺三菱製薬株式会社)
津川友介氏(UCLA医学部・医療政策学部 助教授/日本医療政策機構理事)
豊田剛一郎氏(東北大学特任教授(客員)/株式会社メドレー代表取締役医師)
永井良三氏(自治医科大学 学長/日本医療政策機構 理事)
乗竹亮治氏(日本医療政策機構 理事・事務局長/CEO)
藤田卓仙氏(慶應義塾大学医学部医療政策・管理学教室 特任講師)
山本隆一氏(一般財団法人 医療情報システム開発センター 理事長)
吉井弘和氏(社会保険診療報酬支払基金 理事長特任補佐)
※五十音順
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#524095 2020-02-17 09:26:41
More updates
Thu Mar 5, 2020
6:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京大学 伊藤謝恩ホール
Tickets
シンポジウムのみ ON HOLD
シンポジウム+懇親会 ON HOLD ¥3,000
Venue Address
東京都文京区本郷7-3-1 伊藤謝恩ホール Japan
Organizer
医療デジタルトランスフォーメーション協議会
127 Followers